top of page
検索
  • 執筆者の写真美咲 岡

協奏曲演奏会

ピアニストでもある片山優陽先生が指揮をされるMKアンサンブル協奏曲演奏会が2023年11月11日に豊中市立文化芸術センター中ホール(アクアホール)で行われます。皆様是非素晴らしい演奏を聴きにお越しくださいませ。

片山優陽

(かたやま まさひ)

兵庫県立西宮高校音楽科、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院、モスクワ音楽院を経てハノーファー国立音大を卒業。小泉ふみ代、北野完一、横井和子、服部久美子、クラウディオ・ソアレス、ハンス・ライグラフ、エフゲニー・マリーニン、ウラディーミル・クライネフの各氏に師事。殊に、ネイガウス及びギレリスの愛弟子と名高いアッサネータ・メリコヴナ・エギセリャン女史には7年に渡り師事。ロシアの伝統的ピアニズムを徹底して学ぶ。

第40回全日本学生音楽コンクール高校の部西日本1位。セニガリア国際ピアノコンクール第3位、ブゾーニ国際ピアノコンクール、ロン=ティボー国際音楽コンクール入選。国際的ピアニスト、アンドレイ・ガヴリーロフの代役を務め、ルツェルン祝祭弦楽合奏団との共演を機に氏の助手となる。

現在は、大阪芸術大学にて指導にあたると共に、VYP国際ピアノアカデミー(ウィーン)、タルヌフ国際ピアノマスタークラス(ポーランド)、カスナ・ドルナ国際ピアノアカデミー(ポーランド)教授、ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノコンクール(ウィーン)審査員を務め、ノヴォシビルスク特別音楽学校(ロシア)、カンナム大学(韓国)に招待され、公開レッスンや音楽講座を行う等、アジア・ヨーロッパ各地で精力的に活動中。

ムソルグスキーの「展覧会の絵」のCDアルバムがオクタヴィア・レコード/アウローラ・クラシカル(AUCD-9)より発売中。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page